メアリーの登場回から分かる正体!灰原と対峙しそうな予感…

灰原とそっくりな謎の少女メアリー。



メアリーの正体については既に明かされていますが、
彼女は登場回数がそれほど多くない上に、

突然姿を現して意味深な発言をしたかと思ったら、
次の瞬間にはシーンがガラッと変わっていなくなったりするので、
つかみどころが全然ありません。笑



そこで、これまで判明しているメアリーの情報を整理しつつ、
これからどんな展開になるのか考察していこうと思います。

Sponsored Links

 

領域外の妹と名乗るメアリーの正体は赤井家の母!ラムじゃなさそう

名前:メアリー・世良
職業:不明
経歴:過去に組織との接点があると思われる
特筆すべきポイント:推理&戦闘力が高い

ーーーーーーーーーーーーーーー




メアリーが初登場したのは「赤い女の悲劇」という話です。



登場したといってもコナンが世良のスマホで、
写メに写っているのを見ただけなんですが…





出典: コナン アニメ第756話「赤い女の悲劇(復讐)」



その話を境に、
メアリーが時々登場するようになってきました。





最初は世良の側に何で灰原そっくりの女の子がいるんだ?
と意味不明でしたが、
“ある話”を見れば彼女の正体がネタバレされてて驚きました。笑





その話というのは「さざ波の魔法使い」。




これはコナンの世界では10年ほど前にあった出来事で、
新一がまだ5歳ぐらいの頃に遡ります。



海辺に来ていた赤井ファミリーと遭遇した新一と蘭。





ちっこい新一が赤井秀一に話し掛けていると、
近づいてきた外国人風の女性が・・・


出典:コナン アニメ第881話「さざ波の魔法使い」



赤井秀一とのやりとりで彼の母であることが、
明らかとなりました。




少女姿のメアリーと顔も話し方もそっくりなので、
彼女がメアリーの本来の姿で間違いありません。



彼女がどうやって子供の姿になったかは、
まだ判明していませんが、
コナンを見ている人だったら大体想像はつくと思います。

Sponsored Links



おそらく、
赤井秀一が組織にスパイに潜入した後に裏切ったため、
組織が赤井の家族を例の薬を使って口封じをしようとしたものの、
コナンや灰原と同様、幼児化したんじゃないでしょうか?




実際に、
割と新しい話で登場したメアリーのセリフによると、

 



出典:コナン 原作File:1005「濃紅の予兆」


薬についてや体を元に戻すとか言ってるので、
間違いないと思います。



ちなみに、
メアリーの喋り方って男性口調というか、
かなり固くてですね、


「ならば是が非でも・・・・せしめろ・・・・」って、
もうなんてコメントすればいいのか…
こんな言い回しする人、初めて目にしました。



メアリーは自分を幼児化した相手(組織)に対して、
好戦的な態度を出してますから、
組織を倒すのに一役買ってくれるでしょう。




ネット上にはメアリーは組織のナンバー2のラムじゃないのか?
という説もあったりしますが、
(メアリー・ラムというイギリス人の作家が実在するとかなんとか…)
組織に敵意を剥き出しにしてるので、
その線はないと思います。




また、メアリーは世良や赤井秀一の母親ですから、
そういう観点でも、
メアリーがラムという展開はないかと。





それではメアリーが何者なのかが、
おぼろけながら分かってきたところで、
これまでにメアリーが登場した話を振り返ってみましょう。



次のページに続きます!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す