怪盗キッドの絡繰箱のストーリーはどうなる!沖矢との絡みが気になる

今回は名探偵コナンのアニメ版のほうの話題です。



2018年の初回は「怪盗キッドの絡繰箱(からくりばこ)」という、
久々にキッドが登場するお話ですが、
予告でちょろっと映ってましたが沖矢昴も出るようです。



僕は内容は原作を読んで知っているんですが、
アニメしか見てない人のためにネタバレしないように見所を書いていきますね。


追記:2018/1/7
887話の前編を見た感想や後半の予想などを追記しました。

怪盗キッドの絡繰箱(からくりばこ)の概要


予告を見る限りでは怪盗キッドが何かの宝石を狙って登場する話っぽい
ということぐらいしか分かりませんが、
公式サイトを見てみると詳しいことがいろいろ載ってました。



要約すると、
鈴木次郎吉(鈴木園子の伯父さん)が、
夫の遺品(ルナ・メモリアという宝石)が入った絡繰り箱を開けて欲しいとお願いされて、
怪盗キッドをおびき寄せて開けさせるみたいです。



もちろん、超高価な宝石ですから
キッドにそのまま盗まれちゃう可能性もあるわけですが、
そこは何かしら対策しているのでしょう。



そもそも、この次朗吉というじいさんはかなりのクセモノで、
これまでにも奇想天外な仕掛けを用意して待ち構えていました。



紙切れが床に落ちるだけで重力センサーが作動して、
鉄檻が落ちてきたり、
とんでもない数のヘリを飛ばして監視していたりと、
やることがいつもぶっ飛びすぎです。笑




そんな次朗吉の暴走っぷり・・・
僕は嫌いじゃないです。



僕は原作を読んで内容を知っているんですけど、
キッドを捕まえることに執念がハンパない次朗吉じいさんは、
今回もとんでもない仕掛けを準備しています。



ほんのちょっとだけネタバレすると、
キッドではなく小五郎がで引っかかるんですが、
そのシーンが結構面白くてツボる人もいるような気がします。





追記:前編で小五郎が絡繰り箱ごと持ってサッと逃げようとしたら
即効で鉄檻に捕まってて笑わせてもらいましたw

怪盗キッドは姿はまだ現していませんが、
すでにコナンの周囲の人物に変装して紛れ込んでるようです。


開け方が分からなくて盗みづらい絡繰り箱に加えて、
厳重すぎる警備体制をくぐり抜けるには、
いつものように内部の人間に紛れ込むしかないですよね。


キッドが出てくると、
話が最後までどう着地するのか読めないから後編が楽しみです。

Sponsored Links

沖矢昴はどう動くのか?

 

そして、今回の「怪盗キッドの絡繰箱」がいつものキッド話と違うのは、
沖矢昴が登場することです。


沖矢がキッドの話に登場するのはこれが初めてで、
キッドに対してどう動くのか気になるところです。



怪盗キッドの話に京極真が登場した747話の「怪盗キッドvs京極真」では、
彼は空手技で柱をへし折ったり、飛び蹴りで天井をつきやぶるなど
建物を倒壊させてしまうレベルでキッドを追い詰めてました。笑



また、725話の「怪盗キッドと赤面の人魚」では、
キッドに眠らされたことに反感を持った世良真純が、
キッドの顔面に飛び蹴りを食らわせたり。


怪盗キッドが過去に登場した話についてはこっちで詳しく書いてます。
→ 怪盗キッドが登場する話+キザな名言


この二人は血の気の多い好戦的なキャラなので、
肉弾戦ゴリ押しな展開になるのは仕方ないのかな…




話を戻すと、沖矢の正体は赤井秀一なので、
挌闘技でキッドを追い詰めることもできそうですが、
沖矢の場合はそう手荒なことはしないような気がします。



きっと彼ならもうちょっとスマートなやり方で
キッドを追いつめていくでしょう!

Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す