ジンは無能?これまでにやらかしたヘマの数々!【ツッコミ所多すぎ】

冷静沈着で高い推理力と戦闘力を兼ね備え、組織の中でも独特なオーラを放つジン。



そんなジンも注意深く見てみると、
そこまで有能でもなくむしろ無能だったりします。



今回はそんなジンの無能説について書いてみました。

Sponsored Links

ジンって本当は無能じゃないの?



ジンがこれまでにやらかしてきたヘマを
振り返っていきましょう。






まずは、第1話のジェットコースターでの事件


取引相手が一人で来ているかを確認するために、
順番も守らずジェットコースターに調子こいて乗りこむものの、
事件が起きて警察と鉢合わせになりオロオロ。笑





この時は取り調べされなかったらよかったんですけど、
目暮警部の気分が変わって、

「お一人ずつ持ち物を確認させてもらいますぞ!」

となったりしたら完全にオワッてたはずです。






警察に見つかるとヤバいものを
たくさん持ってますもんね、この二人。




つまり、1話目にして
主人公がそんなに活躍することもなく組織終了!




同時に「名探偵コナン」の主人公のコナンが誕生せずに終了!

ということもありえたんです。




公になると非常にマズいことやってるんですから、
あんまり油断しないでほしいです。






まあ、この事件での一番のヘマは、
工藤新一という厄介な探偵に組織の存在を知られたあげく、
逃がしてしまったことなんですが・・・







次は「黒の組織との再会」でのこと。

出典: 名探偵コナン 「黒の組織との再会」





ピスコがせっかく捕まえたシェリーを追い詰めるものの、

綺麗じゃねーか・・・闇に舞い散る白い雪・・・それを染める・・・



とポエマーを気取って余裕ぶっこいてる間に、
コナンに反撃するチャンスを与えてしまい、
シェリーを逃しちゃうドジっぷり。





そして、その後は
ピスコをボスの命令とはいえあっさり始末してしまうジン。




あのかたの指示といっても、
灰原がシェリーの幼児化した姿だと気が付いて、
捕えた彼の方が組織への貢献度は高い気がします。





それにピスコが最後に予言した通り、
それ以降シェリー探しがあまり捗ってないような気がして
なりません。笑



Sponsored Links



そうそう、シェリー(宮野志保)と言えば、
映画「天国へのカウントダウン」で
イメチェンした鈴木園子をシェリーと勘違いして、
狙ってきた時がありましたね。

 

出典:名探偵コナン 劇場版「天国へのカウントダウン」


組織の使命をまっとうする姿勢は大変立派ですが、
せめて無関係な一般人は巻き込まないでほしいものです。笑





そして、次はあの映画でやらかしてしまったあの出来事です。


次のページにつづきます!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す