2018年コナン映画「ゼロの執行人」のあらすじは?声優が豪華!!

2018年のコナンの映画のタイトルが、
「ゼロの執行人」に決定しました。



いやー、長かったですね。


思えば、今年2017年に上映された「から紅の恋歌」のラストで、
ちょろっと来年の映画の予告が流れたぐらいでしたからね。



安室透の声が聞こえたので、
来年は彼がメインだと予想はしてましたけど
なかなか面白いものになりそうです。



現時点で分かっていることについてまとめました。



2018/2/8 追記
新しい登場人物が判明したので追記しました。


女性弁護士役に選ばれたのはなんと、
有名なあの人!!



「ゼロの執行人」のあらすじと公開日は?


最近、新たに発表された情報によると、
「ゼロの執行人」の公開日は2018年の4月13日です。



あらすじは詳しいことはまだ分かりませんが、
東京サミットを狙った大掛かりな事件を巡って、
コナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーみたいですね。



ちなみに、つい最近公開された予告動画がこちら。


 

 

いつもだったら、
安室さんはコナンの味方なことが多いのに、
今回は利害関係が食い違っているのか、
対立するような演出です。




もちろん、予告でそう思わせておいて、
実はコナンと同じ目的のために動いていたというのは
よくあるパターンですから最後の方でドンデン返しが
用意されているのかもしません。




詳しい情報が入り次第、追記します。


「ゼロの執行人」の登場人物

 

2018年の劇場版映画「ゼロの執行人」で登場することが分かっているのは、
まずは安室透です。



彼はポアロで働きながら、
探偵やってる人として登場し、
後に組織のメンバーであるバーボンだと判明しました。



とは言っても、
組織側の人間ではなくて、
公安警察から送り込まれているスパイなんですけどね。




まあ要するに、
公安警察の一員で、
組織のスパイをやりつつ、
私立探偵と喫茶店のバイトまでやってる
いろいろ忙しいキャラです。笑




そんなハードスケジュールをこなす安室が、
ゼロの執行人のメインキャラっていうことです。



それと最近の発表で分かったのは
黒田兵衛も登場するようです。




彼もなかなかクセのあるキャラでして、
表向きは警視庁管理官ということになってますが、
右目が隻眼であることと思わせぶりな言動から、
黒の組織のNo.2であるラムではないかと噂されています。



今回の映画は組織が絡んでるのか、
単に警視庁の人間として登場するだけなのか、
そこもまだ不明です。



2018/2/8 追記分

今回の話は小五郎が逮捕されてしまうらしいんですが、
小五郎の弁護士として橘境子という人が登場します。


この人です。
  
  ↓

 


そして、この女性の声を担当するのが、
なんとあの上戸彩さんらしいのです。



上戸彩さんと言えば、
過去にも名探偵コナンのアニメで出てるんですね。



劇場版「 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」を宣伝するために、
アニメでクイズをやったり、
「上戸彩と新一 4年前の約束」の回では本人役として登場したり。



そして、今回の「ゼロの執行人」では、
小五郎の疑いを晴らす弁護士役ということで、
物語的に重要なポジションだと思います。



あと、もう一人登場人物で明らかになったのが、
羽場二三一(はばふみかず)という裁判官を目指していた男性です。

事情はちょっと分かりませんが、
彼は死んでいることになってるらしいです。


声優は博多大吉さんという方のようですね。
(この人の名前は初めて知りました…)



2018年コナンの映画に対するtwitterの声


「ゼロの執行人」は安室が登場することで、
期待が高まってきて、
twitterでも盛り上がっています!


 

 

 



楽しみにしてる人多すぎです。
(そう言う僕も今から楽しみですけどね・・・)


Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す