安室透ってどんな奴?アニメの登場回を振り返ってみると…

2018年の劇場版コナン「ゼロの執行人」で人気急上昇中の安室透。




安室は映画では主役レベルに活躍してましたが、
原作のストーリーでもかなり重要なポジションにいるキャラクターです。



そこで、安室透の素性やこれまで登場した話を振り返ってみたいと
思います。



最近、安室を知って興味を持ったという人にも分かりやすく書いてみました。

Sponsored Links

安室透の登場回を振り返る



まずは、安室透のことを簡単に紹介しておきます。



名前:安室透   *本名は降谷零(ふるやれい)

年齢:29歳

身長:推定180〜190センチくらい

職業:公安警察の捜査官、黒の組織のバーボン、ポアロのアルバイト店員

愛車:白のRX-7

子供の頃のニックネーム:ゼロ






安室が登場した話の一覧がこちら。


安室透が登場した話

第667〜668話 「ウェディング・イブ」
第672話 「探偵達の夜想曲」
第681話 「命を賭けた恋愛中継」
第699〜700話 「灰原の秘密に迫る影」
第702話 「漆黒の特急」
第705話「密室にいるコナン」
第706話「謎解きするバーボン」
第722話 「甘く冷たい宅配便」
第734話 「ジョディの追憶とお花見の罠」
第738話 「小五郎はBARにいる」
第751話 「招き三毛猫の事件」
第770話 「ギスギスしたお茶会」
第779〜783話 「緋色シリーズ」
劇場版20作目 「純黒の悪夢」



こちらのページで紹介している方法を使えば、
上で挙げた安室が登場する話のアニメを無料で見ることができます。


→ 名探偵コナンのアニメを無料で見る方法





安室透は最初、
ある新郎新婦に雇われた探偵として登場し、
その時知り合った毛利小五郎に弟子入りして、
度々ストーリーに出てくるようになりました。



それが、「ウイニングイブ」という話で、
それ以降は喫茶店「ポアロ」でバイトをしつつ、
私立探偵をやっています。






しかし、それは仮の姿。



本当は降谷零(ふるやれい)というのが本名で、
黒の組織に潜入してスパイをやっている公安警察の警察官です。




一時期は安室が組織のメンバーの一人バーボンのような演出があったため、
彼がバーボンじゃないのかと言われたりしていました。





実際そうだったわけですが、
あくまでスパイなので、
組織側の人間というよりは半分コナンたちの味方っていう感じです。





洞察力が高くて頭がキレるのに、
よりによって毛利小五郎に弟子入りするなんて、
絶対何か目的を持って近づいてきた奴だ…と
初登場時した時から怪しかったです。笑





そして、安室が一気に怪しくなってきたのが、
彼が次に登場した「探偵達の夜想曲(ノクターン)」




この話は安室が加わって
毛利小五郎が依頼された事件を解決へと進めていく途中で、
コナンが誘拐される展開に。




安室だけでなく沖矢昴や世良真純までも、
コナンの後を追います。

(バーボンの候補が勢揃い!!)





ベルモットがバーボンに電話したタイミングで、
安室、沖矢、世良が何者かと連絡を取り合っている
シーンがあり、バーボンはこの3人の中の誰か
ということが判明しました。






その後、高木刑事の教育係で既に亡くなった伊達刑事に、
「静かに…瞑れ(ねむれ)…友よ…」と心の中でつぶやいたり、
毛利小五郎のパソコンを盗み見てシェリー(薬で元の体に戻った灰原)を見つけたりと、
だんだん怪しくなっていきます。





が、根っからの悪人というわけでもなさそうだし、
警察の親友がいることから公安かどこかの人間ではないかと、
予想できます。





次のページでは、
安室の正体が明かされるあの話を紹介します!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す