コナン1020話ネタバレ!平次が和葉に壁ドンして・・・

今週のサンデーでコナンの1020話を読んだので、さっそく感想を書いてきます。



和葉に変装して宝石を盗み出したように見せかけた
怪盗キッドでしたが、今回から推理編のスタートです。



平次たちはこのままキッドが扮するニセ和葉にちょろまかされて、
宝石を持っていかれてしまうのでしょうか?



そして、平次x和葉っぽい展開も最後にちょろっと描かれてましたね。



それでは、1020話を一緒に見ていきましょう。


Sponsored Links

コナン1020話のネタバレ!ニセ和葉に翻弄される平次たち




出典:サンデー2018年42号 FILE:1020「翻弄」

 

「妖精の唇は頂いた」
    怪盗キッド

というカードが添えられて、
盗まれていた氷の中のフェアリーリップ。




その有様に焦る中森警部でしたが、
諸伏警部は冷静にそれはパフォーマンスだと
言ってのけます。




氷をドリルで削り色素を付けることで、
物が入ってるように見せかけるトリックだと。





宝石が置かれていた部屋の床にはドリルや着色スプレー、
ライトが散らばっていて、
暗闇でも氷に細工しようと思えばできそうです。





と、そこで、
中森警部が平次と和葉に向かって、
「部屋に入ったのはお前ら二人。どっちかがキッドだって分かってんだよ。」
と言い出しました。





徹底的に調べてやると中森警部が迫ろうとすると、
ニセ和葉があざとい行動を。笑





出典:サンデー2018年42号 FILE:1020「翻弄」

身体検査は嫌!と駄々をこねる和葉。





それに負けて、調べるなら他の方法にしてくれと、
刑事たちに頼む平次。



宝石のリングに内蔵されたセンサーを利用すれば、
扉をくぐった時に警報が鳴るやろ?と、
和葉と一緒に扉を通ります。





すると・・・
なんと、警報が鳴らないではありませんか!





驚く一同。






さらに、また何かを企んでいるのか、
和葉はキッドの騒ぎでスマホを拾い損ねたと平次に言って、
中森警部に取らせます。






さらにさらに、
くしゃみをするフリ(?)をして部屋が寒いことをアピールする和葉。





これにまた平次と中森警部が賛同して、
もうキッドが現れたのだからと、
冷房を止めることに。

(こうやって、氷のガードを取っ払ったんですね。笑)





そんな調子でキッドの思惑通りに事が進むなか、
コナンと諸伏警部は事件の真相にたどり着いてるような表情…。





一方で、諸伏警部に長野県警の大和警部から電話が入って、
怪盗キッドのことや警視庁に届いた封筒の話。




「東京に知り合いがいたのか?」と聞く大和警部でしたが、
諸伏警部には警視庁に入った弟がいたことが判明。




ちなみに、かなり前に警察の仕事をやめて、
別の仕事をしているとか。






そして、場面は変わってコナンたち一行。




仮眠を取ろうという和葉が次朗吉に頼みに行こうとすると、
平次も付いて行くことに。




コナンは和葉がニセモノで、
正体がキッドだということに気づいてる様子です。





さらに、場面が変わって、
案内された部屋で二人っきり平次と和葉。






眠れなさそうな平次にまたニセ和葉が、
わざとらしい発言を。笑





出典:サンデー2018年42号 FILE:1020「翻弄」





ここで、和葉の暴走にさすがの服部も頭にきたのか、
「ええ加減にせぇよ!」と壁ドン。





「ふざけた口だまらせたるわ。」とキッド扮する和葉に
キスを迫り焦りまくるキッドでした。




次のページにつづきます!

 

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Links

こっちの記事も読まれています!



記事の内容が気に入りましたら、シェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す